大洗でハマグリ密漁か オークションで1トン販売の疑い

[PR]

 「取れたて 大洗産はまぐり」などと宣伝し、海水浴場で密漁したハマグリ計約1トンをネットオークションで販売したとして、茨城海上保安部は、茨城県ひたちなか市の30代の男2人を漁業法違反の疑いで家宅捜索し、20日発表した。

 同保安部によると、2人は昨年5月から今年3月、同県大洗町大洗サンビーチで密漁したハマグリ計約1トンを大手オークションサイトに複数回にわたり出品した疑いが持たれている。落札額は計約120万円に上るという。同保安部は4日、2人の自宅などを捜索し、携帯電話やウェットスーツを押収した。2人は「遊興費のためだった」と容疑を認めているという。