バイデン氏「大きな変革の機会」 黒人殺人で元警官有罪

会員記事

ワシントン=大島隆 ワシントン=高野遼
[PR]

 ジョージ・フロイドさんの事件で殺人罪に問われた元警察官に有罪の評決が言い渡されたことを受け、バイデン米大統領は20日、「大きな変革の機会にすることができる」と述べ、人種差別の根絶に向け、一層の取り組みが必要だと訴えた。

 バイデン氏は「彼は戻ってこないが、アメリカにおける公正の実現に向けた、大きな一歩にすることができる」と述べた。そのうえで「二度と同じような事件が起きないため、我々はもっと多くのことをしなければならない」として、政権として刑事司法制度改革に取り組む決意を改めて示すと同時に、議会に対しても警察改革の法案を早期に可決するよう求めた。

 また、ハリス副大統領は「アメリカには構造的な差別の歴史がある。この国の歴史において、黒人は人間以下の扱いを受けてきた」と述べたうえで、「これは黒人だけでなく、すべてのアメリカ人の問題だ」と述べ、差別をなくすための取り組みを国民に呼びかけた。

 評決は全米の大きな注目を集め、バイデン氏とハリス氏の演説もテレビ各局が中継した。(ワシントン=大島隆

■ワシントンでも歓迎の動き…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら