「レアだから撮った」小学校教諭、児童の着替え盗撮容疑

[PR]

 小学生が着替える姿をスマートフォンで盗撮したなどとして、警視庁東京都三鷹市立小学校教諭、木村康一郎容疑者(31)=東京都調布市西つつじケ丘1丁目=を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)と建造物侵入の疑いで逮捕し、21日発表した。

 スマホには小学生を撮影したとみられる動画や画像が数千点保存されていたといい、同庁は余罪について調べている。

 調布署によると、木村容疑者は2018年10月~21年3月、三鷹市や隣接する調布市の複数の小学校やスポーツ施設で、小学生の女児が着替える様子や男児の下腹部をスマホで動画撮影した疑いがある。容疑を認め、「小さな子どもの裸の動画は手に入らないレアなものなので自分で撮った」と供述しているという。

 都内の別のスポーツ施設で今月9日、利用者から「女児の後をつける不審な男がいる」と110番通報があり、現場に駆け付けた署員が木村容疑者を発見。スマホの確認を拒否したため、事情を聴いていた。

 三鷹市教育委員会は21日、「逮捕された教員の処分については事実関係が明らかになり次第、厳正に対処する」と発表。貝ノ瀬滋教育長は「児童・生徒や保護者の皆様、地域の皆様の心を深く傷つけることとなり、誠に残念至極に存じます。心よりおわび申し上げます」とのコメントを出した。