第13回バイデン氏が加速する脱石炭 「助けがなくても生きる」

有料会員記事

ウェストバージニア州=青山直篤
[PR]

断層探訪 米国の足元 第三部③

 つづら折りの道路を、春の気配をまとう山の頂へと走る。米ウェストバージニア州ウィリアムソンから車で数十分の鉱山地帯。坂を上り切ると、見晴らしの良い、石炭の露天採掘場の跡地が広がっていた。スティーブン・スプラ(30)は、数日前の大雨で倒れた木を削り、新たに開いた道を区切る柵をつくっていた。

写真・図版
石炭の露天採掘場跡地の再生事業に取り組むスティーブン・スプラ=3月5日、米ウェストバージニア州ミンゴー郡、青山直篤撮影

 スプラは、石炭産業依存からの脱却に向け、起業家支援や教育訓練を担うNPO「コールフィールド・ディベロップメント」を通じて働いてきた。直訳すれば「炭田開発」。だが、もちろん採掘をするわけではない。石炭と歩んできた地域の歩みを尊重した上で、産業構造の多様化を図ろうと取り組んできたNPOだ。

 スプラが取り組むのは、採掘場の跡地を農園などに再生するための施設整備や土壌改良の準備だ。「コールフィールド」は、環境浄化や再生可能エネルギー開発などに取り組む起業家や地元企業と連携し、就労と教育訓練を組み合わせたプログラムを提供している。スプラも働きながら2年制の地域大学に通い、農業や溶接の技術を学んできた。

 父や祖父たちの世代は、みな…

この記事は有料会員記事です。残り3281文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載断層探訪 米国の足元(全30回)

この連載の一覧を見る