三重で過去最多の57人感染 園児のみのクラスターも

新型コロナウイルス

[PR]

 三重県では21日、10歳未満~80代の男女57人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表された。1日あたりの感染者数として1月22日以来、89日ぶりに過去最多を更新した。県内の感染者数は延べ3283人になった。

 県によると、名張市の寺田病院の入院患者4人の感染が判明。病院内での感染者数は計5人になり、県は県内59例目のクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。津市の10歳未満の女児は市内の安濃保育園に通う園児で、これまでに園児4人が感染しているため、県は県内60例目のクラスターと認定。園児のみで広がったクラスターは初めての事例という。

 別のクラスターが発生した亀山市の「エイチワン亀山製作所」では、新たに従業員ら8人の感染が判明した。これまでに感染が確認されていた人たちと違う建物で働く従業員も含まれており、県は検査対象を広げて調査を進めるという。

 一方、変異株への感染確認は92人だった。4月9日~19日に新型コロナの感染が判明した人のうち、県保健環境研究所で変異株のPCR検査を実施。この期間の陽性率は94・8%だった。累計感染者数は294人になった。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]