ブサかわ犬「わさお」銅像に 全国から寄付金533万円

林義則
[PR]

 不細工でもかわいい「ブサかわ犬」として親しまれ、昨年6月に天国に旅立った青森県鰺ケ沢町「わさお」のブロンズ像が今秋、同町の「海の駅わんど」に設置されることになった。制作費には、募金やふるさと納税を通じて集まった寄付金計533万7164円をあてる。

 記念碑設置を計画する「わさおありがとう実行委員会」が12日、ブロンズ像のイメージ画を公表した。

 像は等身大で、お座りしている様子を表現。原型の制作は三重県在住で動物の木彫り作品を手がけるはしもとみおさん、像の制作は数多くのモニュメントなどを手がける黒谷美術(富山県)が担当するという。

 町観光協会などでつくる実行委は、町のPRにも活躍したわさおをたたえ、足跡を語り継ごうと記念碑設置に向けた寄付や企業からの協賛金を呼びかけていた。

 各地から寄せられた寄付に、実行委広報担当の工藤健さんは「多くの人がわさおへの思いを示してくれた。うれしく思うとともに責任も感じる」と話し、「みんながわさおに会えた気持ちになれる銅像にしたい」と期待を込めた。(林義則)