東京など「ワクチン重点供給を」 都議会自民が二階氏に

新型コロナウイルス

野平悠一
[PR]

 東京都議会自民党の高島直樹議員会長と山崎一輝幹事長は21日、自民の二階俊博幹事長と面会し、東京などの「まん延防止等重点措置」の適用地域に対して、新型コロナウイルスのワクチンの重点的な供給を進めるよう要望した。

 山崎氏は、二階氏との面会後、記者団に「全国一律平均して供給されることは理解している」とした上で、「重点的にワクチンの供給の充実を図っていただかないと収束に向けて一歩ずつ前に進んでいかない」と述べた。二階氏からは「党としてしっかりと対応していきたい」との言葉をもらったという。

 ワクチンの供給をめぐっては、東京都小池百合子知事が20日に二階氏と面会後、「(感染拡大の)火が燃えさかっているところは重点的に抑えられるよう、確保についてもっと声をあげていいんじゃないか」と助言を受けたと説明した。小池氏は「スピード感が重要。都内の各市区町村も準備を進めるなかで感染拡大は日増しに強くなっている」とし、助言について「大切にしたい」と述べていた。(野平悠一)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]