学術会議、任命要求崩さず 対立避けたい政府、いら立ち

有料会員記事

石倉徹也、桜井林太郎、石井潤一郎
[PR]

 日本学術会議の会員候補6人が菅義偉首相に任命されなかった問題で、梶田隆章会長は21日に始まった総会で、「欠員6人という法の定めを満たさない状態が続くなら、学術会議の独立性を侵す可能性がある」などと、任命と問題の解決を求める声明案を提案した。組織のあり方案とともに審議し、22日にも決議する方針。ただ、首相が応じる見通しがない中のあり方議論には懸念の声が上がった。

 日本学術会議法は、会員の定員を210人と定めている。会員の半数が改選された昨秋、人文・社会科学系の候補6人を首相が任命しなかったことで、204人の状態が続いている。

 今回の声明案は「法が定めた会員数のうち、6人が欠けた状態で(今回の)総会を開催することを余儀なくされた。この状態が続けば、学術会議の独立性を侵す可能性がある」と主張。首相に対し、改めて6人を即時任命するよう求めた。

「どんなに無視されても、徹底して言い続ける」

 こうした要求は今回が初めて…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら