公道の聖火リレー、京都市が中止要請へ 二条城内を検討

新型コロナウイルス

[PR]

 京都市は21日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、5月26日に予定していた東京五輪聖火リレーの公道での開催を中止するよう、京都府聖火リレー実行委員会に要請することを決めた。門川大作市長は報道陣に、代わりにランナーに世界遺産二条城の城内を走ってもらうことを検討していると説明した。「防火対策を徹底して実施したい」と述べた。

 府内での聖火リレーは5月25、26日に予定され、京都市では26日夜、二条城から岡崎公園までの約4キロの公道を走る計画だった。府がこの日、緊急事態宣言の要請を決めたこともあり、市は多数の見物客が集まる事態を避けるには中止が必要と判断した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]