札幌地区組み合わせ決まる 春季高校野球

川村さくら
[PR]

 【北海道】第60回春季道高校野球大会(道高野連など主催)の札幌地区の組み合わせが21日、決まった。5月7日から札幌円山、札幌麻生、野幌総合運動公園の3球場で開かれ、55校が出場する。選抜大会出場の北海は全道大会への出場が決まっており、同校がAブロックで勝ち上がれば同ブロック2位の学校も全道大会に出場する。

 昨年の春季大会は新型コロナウイルスの影響で中止となった。今年は例年通り道内10地区で地区大会を開催し、全道大会は5月24日から札幌円山球場で行う。各地区大会、全道大会とも観客を入れて実施する予定だ。入場時には検温をし、観客席では2メートルほど空けての着席を呼びかけるなど感染対策を行う。(川村さくら)