東芝とCVC、避けた「正面衝突」 買収劇幕切れの裏側

会員記事

小出大貴、鈴木康朗
[PR]

 東芝に買収を提案した英国系投資ファンドCVCキャピタル・パートナーズが「検討中断」を東芝に伝え、買収劇は事実上の幕切れを迎えた。双方の文書からは、自らの評判を落としかねない「正面衝突」を避けたことがうかがえる。

 東芝がCVCから提案を受けたのは6日。2通目は当初の予定より3日遅い19日に届いた。「我々の以前の提案について」というA4判2枚分の文書だった。

 CVCは「6日以降、提案の準備や、共同出資する投資家との議論を続けている」とした上で「東芝経営陣の合意なしに買収を仕掛ける意図はない」とした。

 先立つ14日、かつてCVC…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら