「殺される」 父の拳で腫れた顔、女子高生だった私の夏

有料会員記事

中村瞬
[PR]

 「このままここにいたら殺される」

 高校1年の夏の日、少女は父親に顔が腫れるまで何度も殴られた。鏡に映った自分の顔を見て、自宅から逃げると決めた。

 あれから3年半。少女は19歳になった。現在、群馬県内のアパートで暮らす。仕事は深夜の接客業。昼夜逆転の生活をしながら、高校卒業程度認定試験(旧大検)をめざす。

 今、同じように虐待を受けている子どもたちに伝えたい。「逃げる手段はあるんだよ」

裸にされ犬小屋へ、温めてくれた犬

    □  ■

 物心がついた頃から、暴力と隣り合わせの生活だった。

 赤城山を望む町で育った。父…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。