ポスト・メルケルは誰に 独首相候補そろう、9月総選挙

会員記事

ベルリン=野島淳
[PR]

 秋に引退するメルケル首相の後任争いがドイツで本格化する。9月の連邦議会選(総選挙)に挑む主要政党の首相候補が20日までに出そろった。メルケル氏の後継者は欧州連合(EU)でリーダー的役割も期待されるが、最終盤まで混戦となる可能性もある。

 「これからも意見を言ってくれる全ての人に耳を傾ける」。中道右派キリスト教民主同盟(CDU)のラシェット党首(60)は20日、会派の首相候補に決まった後、団結を訴えた。首相候補就任への反対の声が大きかったからだ。

 メルケル氏が所属するCDUは、姉妹政党キリスト教社会同盟(CSU)と連邦議会で会派を組む。通例なら組織が大きいCDUのラシェット氏がそのまま首相候補になる。しかし、力強いリーダーシップを示して人気で上回るゼーダーCSU党首(54)も名乗りをあげ、候補者選びがもつれた。

 最終的にCDU幹部会が20日、ラシェット氏を支持し、ゼーダー氏が折れた。だが、CDU内からも「選挙に勝てる候補」のゼーダー氏を推す声が出たことで、党内にしこりが残る。

 保守政党ながら、中道リベラルな政策で支持を広げたメルケル路線の後継を自認するラシェット氏は、対立する意見の間で妥協点を探る調整型の政治家で、手堅さはあるがカリスマ性はない。新型コロナウイルス対策で政府・与党への不満が広がる今、多くの有権者には優柔不断で頼りなく映るようだ。

 だが、ベルリンのヘルティ行…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら