ロシアでデモ、1700人拘束 ナバリヌイ氏の解放要求

モスクワ=石橋亮介
[PR]

 ロシア全土で21日、刑務所に収監されている反政権派指導者アレクセイ・ナバリヌイ氏の解放を求める反政権デモが行われ、同国の人権団体によると、全国で1735人が拘束された。ロシアでの大規模な反政権デモは、2度のデモで全国で計1万人以上が拘束された1月以来。

 デモはナバリヌイ氏の陣営組織が呼びかけ、全国100都市以上で行われた。全体の規模は不明だが、ロシアメディアによると、モスクワでは1万人以上が参加したとみられる。

 政権は、デモは「無許可で違法」だとし、各地の陣営幹部らを事前に拘束。治安部隊を投入しデモ隊を強制排除した。

 ナバリヌイ氏は3月末からハンガーストライキを続けており、陣営はナバリヌイ氏が十分な医療を受けられず命の危険にさらされていると主張。米国や欧州連合(EU)は強い懸念を表明し、ロシアに即時解放を求めている。(モスクワ=石橋亮介)