喫煙する少年殴り、けがさせた疑い 巡査部長を書類送検

[PR]

 喫煙していた少年(15)を注意してつかみ合いになり、頭を殴ってけがをさせたとして、滋賀県警が県内の警察署に勤務する50代の男性巡査部長を、傷害の疑いで大津地検に書類送検していたことが分かった。2日付。県警は同日、巡査部長を所属長訓戒の処分にした。巡査部長は依願退職したという。

 監察官室によると、巡査部長は3月15日午前9時ごろ、大津市の屋外で少年が喫煙しているのを発見。やめるよう注意したところつかみ合いになり、頭を殴って4日間の打撲を負わせた疑いがある。巡査部長はこの日、休日だったという。監察官室は「職員の職務倫理教養を徹底する」としている。

 一方、巡査部長も少年に顔を殴られ、鼻骨を骨折した。県警は4月2日、少年を傷害の疑いで大津地検に書類送検した。