保健所からの電話が来ない 職員「普通の状態じゃない」

会員記事新型コロナウイルス

矢田文、竹野内崇宏
[PR]

 新型コロナウイルス感染者数が最多を更新し続けている大阪府内では、患者を支える保健所もパンク状態だ。ウイルス検査で「陽性」と診断されても連絡に1日以上かかり、問い合わせが相次ぐ事態に。職員からも「もうギリギリのところ」と悲鳴があがっている。

 大阪市内の保健所には「電話が来ない」「まだですか」といった問い合わせが相次ぐ。保健所には、医療機関から新しい感染者の届け出が集まる。職員は原則、当日中に感染者に電話をかけることになっているが、3月末以降、感染者の急増で当日中に連絡できないケースも出ている。

 感染者から体調を聞き取り、感染経路や濃厚接触者がいるかなどを調べるための連絡が、翌日にも間に合わず、2日後になることもあるという。

 感染症対策課の担当者は「(感染者の)気持ちは十分理解できるが、こちらももうギリギリのところで運営している。こんなことを言ってよいかわからないが、職員もいつ倒れてもおかしくない」と語る。

「第3波をはるかに超え、多すぎる」

 感染者への連絡が翌日以降に…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]