パキスタンのホテルで爆発、4人死亡 中国大使が標的か

有料会員記事

バンコク=乗京真知
[PR]

 パキスタン南西部バルチスタン州の州都クエッタにある高級ホテル「セレナホテル」の駐車場で21日夜、爆発があり、地元警察によると、警官ら4人が死亡、12人が負傷した。クエッタを訪問中の中国大使が標的だった可能性がある。

 地元警察によると、駐車場に止めてあった車が爆発した。ホテルには中国大使ら外交団が滞在していたが、爆発には居合わせず、無事だという。

 パキスタンの反政府勢力「パキスタンタリバーン運動(TTP)」が事件後、犯行声明を出した。TTPは声明で「警官や高官を狙った」としている。

 中国にとってパキスタンは…

この記事は有料会員記事です。残り369文字有料会員になると続きをお読みいただけます。