北海道で153人感染 3日連続で100人超す

新型コロナウイルス

写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 北海道では22日、新型コロナウイルスの感染者が新たに153人確認され、5人が死亡した。新規感染者数は3日連続で100人を超え、1月20日(164人)以来の高水準となった。

 新規感染者の内訳は、保健所設置4市(札幌、旭川、函館、小樽)では、札幌126人(死亡5人)、旭川10人、函館1人、小樽1人。道内の他地域が15人。札幌での感染者数が100人を超えたのは1月15日(107人)以来。

 札幌市では市内の医療機関で患者ら5人、職員4人の計9人が感染するクラスター(感染者集団)が発生。市内のコールセンターでは従業員5人が感染するクラスターが発生した。

 また、明園小(東区)で児童1人、平岡中(清田区)で生徒1人が感染し、学級閉鎖となった。藻岩南小(南区)、百合が原小(北区)ではそれぞれ教職員1人が感染した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]