コロナ響き、健保組合の8割が赤字 保険料率引き上げも

新型コロナウイルス

滝沢卓
[PR]

 主に大企業の社員らが入る健康保険組合の8割近くが2021年度の収支予算で赤字を見込んでいると、健康保険組合連合会(健保連)が22日発表した。新型コロナウイルスの影響で収入が減る見通しのためだ。

 健保連に入る1387組合(被保険者約1652万人)のうち、1330組合の回答を元に推計した。21年度に支出(主に医療費)が収入(主に保険料)を上回って赤字となるのは1080組合で、全体の77・9%(前年度比12・3ポイント増)を占めた。新型コロナの影響で保険料算出の元となる社員の収入が減る一方、高齢者の医療費を負担する拠出金が高齢化の影響で膨らむと見込まれている。

 赤字分を埋めるため、将来的には社員と企業が負担する保険料が増える可能性がある。平均の保険料率は2008年のリーマン・ショック後で見ると、09年度の7・45%から上昇傾向で、今回の21年度予算では9・23%と過去最高を記録した。急激な負担増を避けるため、積み立てた貯金を取り崩してしのぐ組合もあるが、料率を引き上げる組合が今後、増える可能性がある。(滝沢卓)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]