トヨタの水素エンジン車、レースで磨く脱炭素のやり方

会員記事

千葉卓朗、三浦惇平
[PR]

 トヨタ自動車は22日、水素が燃料で二酸化炭素(CO2)が出ない「水素エンジン車」で自動車レースに参戦すると発表した。水素エンジンは、既存技術が活用でき、低コストでの「CO2ゼロ」が期待される技術。レースを通じて長期的な開発に取り組むという。

 水素エンジンは、ガソリンの代わりに水素を燃やしてエンジンを動かす。仕組みはガソリンエンジンと同じで、部品の大半が流用できる。トヨタは、5月21日から富士スピードウェイ静岡県小山町)で開かれる24時間耐久レースに、「カローラスポーツ」がベースの水素エンジン搭載車で参戦する予定。それ以降も耐久レースに参加してエンジン性能や耐久性などの課題を洗い出し、技術開発に活用する。福島県浪江町の水素製造拠点「福島水素エネルギー研究フィールド」(FH2R)でつくった水素を使う計画だ。

ミライとの違いとは

 水素を燃料とする車には、す…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら