被害者も加害者も生まない社会 憧れのお姉ちゃんに誓う

会員記事

吉村駿
[PR]

 集団登校中の小学生らに車が突っ込み、10人が死傷した京都府亀岡市の暴走事故の発生から23日で9年を迎える。この事故でいとこを亡くした村岡麗菜さん(27)=福岡県大野城市=が今年、交通事故の撲滅を目指す団体「route(ルート)」を設立した。当時のいとこと同じ年代になり、自らの経験を伝えることで、被害者も加害者も生まない社会につなげたいと願っている。

 2012年4月、村岡さんのいとこの松村幸姫(ゆきひ)さん(当時26)は、登校する児童に付き添い最後尾を歩いていて、突っ込んできた車の下敷きになった。当時、妊娠7カ月だった。

「憧れのお姉ちゃん」が事故に

 村岡さんは事故当時、福岡県に住んでいたが、10歳までは京都府南丹市で過ごした。松村さんの実家とは、車で5分の距離。毎週のように、一緒に化粧をしたり、少女漫画を読んだりして遊んだ。「美人で、憧れのお姉ちゃんのような存在だった」と振り返る。

 「幸姫ちゃんが事故にあったらしい。京都に行くよ」

 事故当日の朝。村岡さんが部屋で寝ていると、母親が飛び込んできた。京都へ向かう新幹線の車内では、事故を知らせる字幕ニュースが流れても、みな無言だった。突然すぎて、状況が理解できなかった。流れる景色を見つめ「まだ着かないの、早く幸姫ちゃんに会わせて」と祈った。京都までの道のりを、こんなに長く感じたことはなかった。

 夜、対面した松村さんの体は冷たく、顔は1・5倍に腫れ上がっていた。「大好きな幸姫ちゃんにもう会えないんだと思うと、涙と震えが止まらなかった」

署名活動で中傷

 村岡さんらは、事故直後から…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら