トリチウムはキャラから「T」に 復興庁が新たにチラシ

有料会員記事

[PR]

 東京電力福島第一原発から出る放射性物質トリチウムを、復興庁が風評被害対策のチラシや動画に「ゆるキャラ」のように描いていた問題で、同庁は22日、新たなチラシを公表した。動画も修正して、ホームページに後日掲載する。

 復興庁がホームページで13日に配信したチラシや動画では、トリチウムは可愛らしいキャラクターだった。新たなチラシでは元素記号の「T」をあしらった画像にした。

 政府が福島第一原発の処理水の海洋放出方針を決めたことを受け、復興庁は風評被害を防ぐために、チラシや動画をつくったという。だが、トリチウムの描き方について「問題の矮小(わいしょう)化だ」「原発事故から目をそらせようとしている」といった指摘が相次ぎ、14日にいったん配信をやめた。

 平沢勝栄復興相は「トリチウ…

この記事は有料会員記事です。残り134文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら