学術会議「6人任命」求める声明 政府は応じない考え

有料会員記事

桜井林太郎
[PR]

 日本学術会議の会員候補6人を菅義偉首相が任命しなかった問題で、学術会議は22日の総会で6人の即時任命を求める声明を決め、井上信治・科学技術担当相に提出した。これまでも任命を要望してきたが、総会声明という強い形で表明したのは初めて。しかし、加藤勝信官房長官はこの日の会見で、「(首相が)最終判断したものであり、一連の手続きは終了している」と応じない考えを示した。

 学術会議は声明で、法が定めた会員数210人を満たす責務を任命権者の首相は負っているとし、任命しなかったことについて「一般的な説明を超えた特段の理由」を示す責任があると主張。「6人を即時任命するよう要求」した。

 学術会議はこれまで、「実現を望む」時に出す要望として任命を求めていたが、今回は会則に基づき、「特に必要な事項について意思を示す」声明とした。梶田隆章会長は「総会声明として一段と強い意思を表出した。内容も強くしている」と述べた。声明を受け取った井上氏は「なるべく早く首相に伝える」と報道陣に語った。

 ただ、加藤氏はこの日午後の…

この記事は有料会員記事です。残り221文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら