ニワトリ?ではなくて珍しい白いキジ 幸運もたらすか

佐々木健
[PR]

 千葉県船橋市内の畑に「白いキジ」がいるのを同市坪井西の水野功さん(77)が見つけ、撮影した。

 撮影したのは、自宅から4キロほど離れた畑で20日午後3時ごろ。以前からこの周辺で鳥などを撮影していたところ、散歩をしていた人から「白いキジを見かけた」と聞いたという。その情報をもとに20日に再び訪れたところ、白いキジが歩いているところを見つけ、シャッターを押した。

 白いキジは珍しく、古来、吉兆といわれているという。ここ2、3年、趣味のカメラで花や鳥などを撮影していた水野さん。「最初はニワトリかと思った。撮影できて幸運です」(佐々木健)