「宝くじ2400万円当たった」 この男性、数日前も…

山田暢史
[PR]

 特殊詐欺の被害防止に協力したとして、埼玉県警浦和署は22日、埼玉りそな銀行北浦和支店(さいたま市浦和区北浦和1丁目)に感謝状を贈った。

 署などによると、同支店の佐藤嘉之さん(41)は3月10日午前9時過ぎ、2~3日前から通帳記帳のために連日来店する60代男性に目的を確認。男性が「メールで2400万円の宝くじに当選した。口座に振り込むと言われたので確認にきた」などと話したため詐欺を疑い、川添一彦副支店長(51)が署に通報した。

 佐藤さんはこの数日前、男性から「海外からお金が戻ってくる」とも聞いていたという。男性は「当選金」の振込手数料としてコンビニで5千円分の電子マネーを購入するように指示を受けていた。松本晃彦署長から代表で感謝状を受け取った佐藤さんは「未然に防ぐことができてよかった」と話した。(山田暢史)