大阪府の重症病床、使用率100% 転院できない患者も

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、大阪府内の重症病床(272床)の使用率が22日、100%に達した。転院できずに中等症病床で治療を続ける重症者も56人いるため、使用率は実質121%となった。

 府内の22日の新規感染者は、過去5番目に多い1167人だった。1日あたりの新規感染者は、直近10日間では19日を除いて1千人超が続いている。

 3月下旬以降の新規感染者の急増に伴い、4月に入ってからの約3週間で重症者は3・4倍、重症病床使用率は2・8倍に増えた。22日時点の軽症・中等症病床(1798床)の使用率も79・9%にのぼる。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]