• アピタル

中国製コロナワクチン WHOが緊急使用を認める可能性

新型コロナウイルス

ローマ=大室一也
[PR]

 ロイター通信は22日、世界保健機関(WHO)が来週、中国の国営企業であるシノファーム製の新型コロナウイルスワクチンを「緊急使用リスト」に加える可能性があると報じた。5月には中国のシノバック製ワクチンも追加する可能性があるという。

 緊急使用リストは、WHOが安全性や効果を審査、承認してリストに加えることで、途上国などが自国で緊急使用を認める際の参考にしたり、国連機関ワクチンを必要とする国に届けたりできるようになる。

 これまでリストには、英アストラゼネカ製、米ファイザー製、米ジョンソン・エンド・ジョンソン製が入っている。

 WHOなどが主導し、ワクチンを共同調達して途上国などに割り当てる国際的な枠組み「COVAX(コバックス)ファシリティー」で使う場合の必須条件にもなっている。(ローマ=大室一也)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]