河野太郎氏、官僚のテレワーク「大きな声で言えない…」

新型コロナウイルス

[PR]

 政府内で新型コロナウイルスのワクチンの調整を担う河野太郎行政改革相は23日の衆院内閣委員会で、自らのもとで働く官僚たちのテレワークの現状について語った。

 AチームとBチームに分けて、交互にテレワークとしていて、この日は直轄の35人のうち、18人が在宅だという。そのうえで「民間には『7割』とお願いしておいて、自分のところが5割というのは、あんまり大きな声で言えない数字だ」と語った。

 自身も率先して議員宿舎テレワークをしたこともあったが、「国会の期間中はなかなか宿舎で、というわけにいかなくなってきたものですから。なんというか申し訳ない」と漏らした。

 さらに「なるべく早く帰れよと言いながらも、彼らに仕事を振っているのは私なものですから、てんつば(天につばする)みたいなことになってしまっている」とも語った。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]