第21回「指導」とお尻を触るコーチ スポーツの現場での性暴力

有料会員記事

黒田壮吉、狩野浩平、山田佳奈 斉藤寛子 編集委員・大久保真紀
[PR]

 「指導者という立場を悪用し、保護者らの信頼に乗じて幼い被害者らを意のままにした犯行は卑劣極まりない」

 2020年1月、九州地方の武道教室で教え子にわいせつな行為をした60代の男に、懲役7年の判決が言い渡された。

拡大する写真・図版子どもへの性暴力第4部⑤ イラスト・米澤章憲

 男は、「指導」と称して当時5~9歳の女児3人を1人ずつ控室に連れ込んで体を触るなどし、その様子をスマートフォンで撮影していた。

 「被告は私たちに時限爆弾を残していった」

子どもたちの心身とその後の人生を脅かす性暴力について考える企画「子どもへの性暴力」第4部は、地位・関係性を利用した性暴力について取り上げます。

 裁判で被害女児の両親はこう…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載子どもへの性暴力(全24回)

この連載の一覧を見る