コロナ治療の病院で火災、患者13人死亡 インド

ニューデリー=奈良部健
[PR]

 インド西部ムンバイ郊外にある新型コロナウイルス患者を治療する私立病院で23日午前3時ごろ、火災が起きた。地元メディアによると、ICU(集中治療室)に入院していたコロナ患者13人が死亡した。

 当時病院には90人の患者が入院しており、そのうち18人がICUで治療を受けていた。ICUの空調設備での漏電が原因との見方が出ているが、詳細は調査中だという。

 インドでは新型コロナの治療のための医療用酸素や薬品、病床が不足しており、医療現場は逼迫(ひっぱく)している。(ニューデリー=奈良部健