「こっそり渡して」 菅原氏、盆踊りなどで秘書に指示か

有料会員記事

[PR]

 前経済産業相の菅原一秀衆院議員(59)=自民、東京9区=が地元の祭りや商店会の会合などで、現金計数十万円を渡した疑いがあることが関係者への取材で分かった。菅原氏は香典を贈った問題では不起訴になったが、検察審査会が「起訴相当」と議決し、より幅広い捜査を求めていた。東京地検特捜部は現金提供も含めて再捜査し、公職選挙法違反(選挙区内での寄付)罪での立件の可否を改めて検討している。

 菅原氏事務所の関係者によると、現金提供した疑いがあるのは地元の夏の盆踊り大会や秋の例大祭、運動会、商店会や町内会の会合など。会費などの名目で主催者側に5千~1万円程度を渡したという。

 菅原氏が秘書に「こっそり渡して」と指示したり、祭りの主催者に寄付者として名前が出ないようお願いしたりすることもあったという。総額は同罪の時効にかからない2018年以降の3年間で計数十万円に上るとみられる。

 公選法は選挙の有無にかかわらず選挙区内での現金提供や贈答を原則禁じているが、特捜部は昨年6月、菅原氏が17~19年に選挙区内で、18人に枕花(計17万5千円相当)を贈ったほか、9人分の香典(計12万5千円)を秘書に代理持参させたと認定した。一方で「公選法を軽視する姿勢が顕著とまでは言いがたい」と判断して起訴猶予にした。

再び不起訴でも、検察審査会強制起訴の可能性

 しかし、東京第四検察審査会

この記事は有料会員記事です。残り275文字有料会員になると続きをお読みいただけます。