全焼の住宅から1人の遺体 群馬の山火事、なお延焼中

【動画】群馬・みどり市の山火事=野津賢治撮影
[PR]

 群馬県みどり市東町沢入(そうり)で22日に起きた山火事で23日、現場近くで全焼した住宅から1人の遺体が見つかった。群馬県警はこの住宅に住む男性(72)とみて、身元を確認している。またこの住宅付近から燃え広がり、山火事になった可能性があるとして調べている。

 消防や自衛隊は23日朝、消火活動を再開した。自衛隊のヘリ4機が上空から放水活動をしているほか、桐生市消防本部と、みどり市消防団の計約120人が地上から消火活動に当たっている。みどり市災害対策本部によると、火災は鎮圧の方向に向かっているものの延焼は続いているという。

 現場は草木ダムがある草木湖近くで、栃木県との県境も近い。

 みどり市は22日に近隣住民24世帯に避難指示を出した。23日午前8時10分時点で、2世帯2人が避難所に避難している。市によると、火災があった住宅と24世帯が住む地域は、直線距離で約400メートル離れているという。