日米仏共同訓練、5月に九州で実施へ 市街地戦を想定

[PR]

 防衛省は23日、日米仏共同訓練を5月11~17日に九州で実施すると発表した。場所は、陸上自衛隊の霧島演習場(宮崎県えびの市、鹿児島県湧水町)、相浦駐屯地長崎県佐世保市)、九州西方海空域。3国の連携強化を図り、中国を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。仏軍が国内の陸上訓練に参加するのは初めて。

 発表によると、陸自約100人、米海兵隊約60人、仏陸軍約60人の計約220人が参加。ヘリコプターやオスプレイを使った部隊の輸送・展開や、市街地戦を想定した訓練をする。

 訓練は昨年12月、仏陸軍のビュルカール参謀長と陸上自衛隊の湯浅悟郎陸幕長(当時)が会談した際、仏側から提案を受けたのがきっかけ。仏海軍が練習艦隊「ジャンヌ・ダルク」を5月に日本周辺海域に派遣するタイミングを捉えたもので、日米側が応じた。海自と米仏海軍の共同訓練も調整中という。

 岸信夫防衛相は同日の会見で「フランスはインド太平洋地域に軍事プレゼンスを有する欧州唯一の国。一連の共同訓練を通じて連携を強化するとともに、自衛隊の戦術技量をさらに向上させたい」と述べた。