選手村マンション「落としどころを」 緊張感走った法廷

会員記事

山本亮介
[PR]

 東京都内に住む50代の男性は23日昼すぎ、地下鉄桜田門駅で降り、東京地裁へ向かった。一昨年夏に購入した東京・晴海のマンション群「晴海フラッグ」を巡る民事調停に臨むためだ。

 東京湾が見え、遮るものがない景色が魅力だった。入居は東京五輪パラリンピック選手村として使われた後の2023年3月とかなり先だが、その分安く買えると割り切った。だが、大会の延期で引き渡しは1年程度遅れ、賃貸物件で暮らす男性は家賃が余分に生じることになった。

 男性は延期決定後、説明会の…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら