民主派閣僚ら26人、大逆罪で指名手配 ミャンマー国軍

会員記事

バンコク=福山亜希
[PR]

 クーデターで権力を握ったミャンマー国軍は22日の国営放送を通じ、アウンサンスーチー氏の支持派が樹立を宣言した「統一政府」の閣僚ら26人を大逆罪で指名手配したと発表した。国軍側は統一政府を「非合法組織」に指定しており、民主派勢力への弾圧をさらに強めている。

 23日付の国営紙は「違法な政府の形成は、憲法の下にある政府に影響を与えようとするものだ」などと主張し、指名手配した副大統領や首相ら26人の名前と顔写真を掲載した。

 スーチー氏の支持派は16日に統一政府の樹立を宣言。自らが正当な政府だとして軍の統治を否定し、ミャンマー情勢について話し合う24日の東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議への参加も求めていた。

 国軍トップのミンアウンフラ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら