イオンモール、対応決まらず 厳しい休業要請に各社困惑

会員記事新型コロナウイルス

若井琢水 橋田正城、田幸香純
[PR]

 新型コロナの感染拡大を受け、3度目の緊急事態宣言が4都府県に出された。対象エリアの飲食店は酒の提供が事実上できなくなり、大きめの商業施設は休業を求められる厳しい内容。かき入れ時の大型連休に2年連続で大きな打撃を受けることになり、各社は対応に追われた。

 酒が出せなくなる飲食店では、居酒屋に休業の動きが広がる一方、ファミリーレストランや牛丼店は酒を出さずに営業を続ける方針を示すなど、業態で対応が分かれている。

 ワタミは23日、4都府県にある居酒屋タイプの「ミライザカ」「鳥メロ」などの計78店を期間中、終日休業することを決めた。「お酒なしでの営業は現実的ではない。ランチ営業をしても客は来ないので休業を決めた」(広報)という。

 「塚田農場」などを展開するエー・ピーホールディングスも、居酒屋タイプの店は休業する方向で検討する。両社とも、焼き肉など特定の食事メニューが売りの業態の店は、酒を出さずに営業を続けるという。

 ある居酒屋チェーンの広報担当者は「いくら対策をしても、居酒屋というだけでまともに営業ができなくなるのは理不尽」と嘆く。

 ファミレスのサイゼリヤやガスト、ラーメン店の日高屋も、酒を出さない形で午後8時まで営業する。牛丼チェーンの吉野家、すき家、松屋も同様で、午後8時以降は持ち帰り限定で営業を続ける方針だ。ファミレス大手の広報担当者は「元からディナー客は少なく、お酒が出せない影響は小さいが、宣言によって外出や外食の機会がさらに減ることが厳しい」と話す。

 一方、首都圏を中心に飲食店…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]