「専門家警告の中で解除」質問に首相「専門家に聞いた」

新型コロナウイルス

[PR]

 菅義偉首相は記者会見で、「昨年末に変異株の報告があって、専門家が警告を発している中で2度目の宣言解除をした。結果として蔓延(まんえん)を許し、感染が急拡大した。変異株への認識が甘かったのではないのか」と問われ、「感染者数や病床など状況に基づいて、専門家の意見を伺った上で解除した」と釈明した。

 そして、今回の緊急事態宣言に至った原因について「やはり、大阪、兵庫では8割が変異株。変異株の対策を行うことが大事と思っている」と述べ、変異株が要因となったと認めた。そのうえで、「基本的な従来の対策をしっかりやることの中で、そちらの(変異株拡大の)勢いの方が強かったということだ」と述べ、これまで行ってきた対策を変異株拡大の勢いが上回ったとの認識を示した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]