菅首相、追い込まれてまた謝罪 「まん延防止」も不発に

有料会員記事新型コロナウイルス

西村圭史、笹井継夫 久保田侑暉、軽部理人
[PR]

 東京、大阪など4都府県への緊急事態宣言を決め、23日夜の記者会見に臨んだ首相は冒頭から謝罪を口にした。「再び多くの皆さまにご迷惑をおかけする。心からおわび申し上げる」

 2度目の宣言の全面解除を決めた3月18日、首相は会見で「再び宣言を出すことがないように対策をしっかりやるのが、私の責務だ」と語った。それから1カ月余りで、首相はまた宣言の決定に追い込まれた。

 コロナ対応をめぐる首相の「責務」は、これまでも果たされないケースが続いてきた。2カ月半にわたった2回目の宣言下では、首相は「1カ月で絶対阻止」などと決意を述べたが実現できず、延長に追い込まれるたびに謝罪した。2月末の大阪府など6府県に対する宣言の先行解除は、専門家らが変異株の脅威に懸念の声を示す中で決断した。その大阪はいま、医療崩壊の危機に直面する。3月の宣言解除時には、変異株の監視、医療体制の強化など対策の「5本柱」の徹底を掲げたが、道半ばのまま感染状況が悪化している。

 首相は「コロナ対応を最優先」と繰り返しながら、その対応が後手に回り批判を浴びてきた。野党からは「危機意識や当事者意識が希薄だとしか思えない」(枝野幸男立憲民主党代表)との批判が強まる。

「国民の理解が得られているのか」 閣僚経験者からも不満

 飲食への制限が中心の「まん…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]