育児短時間勤務、認められず非常勤に 「美談」なの?

[PR]

 私立高校で事務職をしています。昨年度末、2人の教員が次年度の育児短時間勤務を希望しましたが、却下されました。

私立高の事務職女性

 一人は、事務長が育児の状況を聞き出した上、勝手に「必要ない」と判断して認めませんでした。もう一人は、正規の男性教諭でしたが、短時間勤務が認められず、やむを得ず非常勤講師になりました。その事情を知ってか知らずか、周りでは「イクメンだね」などと美談にすらなっており、子育て中の身としても非常に腹立たしく思っています。

(中国地方・40代女性)

     ◇

 あなたの働き手としての悩みや葛藤を「職場のホ・ン・ネ」にお寄せください。すでに掲載された「ホンネ」への感想や意見も歓迎します。連絡先を明記のうえ、朝日新聞経済部労働チーム(t-rodo@asahi.comメールする)までメールでお送りください。