「汚い、もっと清掃しろ」 清掃員の女性、手を切られる

[PR]

 23日午後1時35分ごろ、愛知県一宮市の尾張一宮駅前ビルで、「女性が切られた」と110番通報があった。清掃員のパート女性(45)が、男にカッターナイフのようなもので右手の人さし指と親指のあいだを1センチほど切られる軽いけがを負った。一宮署は傷害容疑で捜査している。

 署によると、ビル7階の多目的トイレを清掃中の女性に、男が「汚いからもっと清掃しろ」と言いながらカッターナイフのようなものを突きつけた。女性が抵抗してもみあいになった際に、右手にけがを負った。

 男は60、70代で、身長160センチくらい。いずれも黒いコート、ズボン姿で、手提げかばんを持っていたという。男はビルを出て、徒歩で北に逃げたという。

 現場のビルは、市立図書館や飲食店などが入る7階建ての施設。