バイデン氏、6月に初外遊へ 英国でのG7サミットなど

ワシントン=高野遼
[PR]

 米ホワイトハウスは23日、バイデン大統領が就任後初の外遊として、6月11~13日に英国で開かれる主要7カ国首脳会議(G7サミット)に参加すると発表した。同14日にはブリュッセルで北大西洋条約機構(NATO)首脳会議にも出席する。

 ホワイトハウスのサキ報道官は声明で、今回の外遊について「同盟関係の修復や米欧関係の再生、グローバルな課題と国益の確保に向けた同盟国との緊密な協力に対する、バイデン氏の取り組みを強調することになる」と説明した。

 バイデン氏はG7サミットで、多国間主義への関与の強化、公衆衛生や経済回復、気候変動といった課題を話し合うことに意欲を示している。外遊中にはジョンソン英首相ら各国首脳と個別の会談も予定しているほか、ブリュッセルでは米・欧州連合(EU)首脳会議にも出席するという。(ワシントン=高野遼)