三越伊勢丹と大丸松坂屋、休業対象外に食品・化粧品など

新型コロナウイルス

[PR]

 東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に緊急事態宣言が出されたことを受けて、三越伊勢丹ホールディングスは、伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店、伊勢丹立川店の都内4店で25日から、食料品や化粧品売り場などを除き休業する。営業時間は各店で異なるが、いずれも時間を短縮する。

 担当者は「化粧品は、お客様が日常的に使う商品で購買頻度も高いので営業する。メガネや補聴器の修理と調整を受け付け、夏の学生服も注文を受ける」としている。伊勢丹浦和店は、通常通り営業する。ジェイアール京都伊勢丹は、食料品・化粧品・婦人雑貨を除いて休業する。

 大丸松坂屋百貨店も、対象地域にある大丸心斎橋店、梅田店、東京店、京都店、神戸店、須磨店、芦屋店と、松坂屋上野店、高槻店について、食料品や化粧品、一部の婦人洋品売り場を除いて臨時休業する。

 東武百貨店は25日から、池袋本店で食品フロア以外を臨時休業とする。食品フロアは午前10時から午後7時までの短縮営業となる。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]