田中将大、8年ぶり本拠で今季初勝利 日本通算100勝

[PR]

 プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手(32)が24日、本拠地・仙台で今季初めて先発し、6回1失点で今季初勝利を挙げた。これが日本通算100勝目。待ちわびた本拠のファンの前で節目の白星をつかんだ。

 田中は試合後、「粘り強く我慢しながらなんとか1失点で切り抜けられた。開幕前にけがをして遅くなってしまったけれど、戻ってこられて良かった。すごくうれしい」と喜んだ。

 田中が最後に本拠地で投げたのは2013年11月3日、日本シリーズ第7戦の巨人戦で、抑えとして日本一を決めた場面だった。

 田中は今年4月17日の日本ハム戦(東京ドーム)で、8年ぶりに日本球界復帰登板を果たしたが、5回3失点で負け投手になっていた。