強盗殺人未遂容疑で男を逮捕 被害者、目つぶしで抵抗

[PR]

 博多署は24日、福岡市博多区麦野4丁目、無職原田亮容疑者(41)を住居侵入と強盗殺人未遂の容疑で緊急逮捕し、発表した。容疑を認め、「金がなかった」と供述しているという。

 発表によると、原田容疑者は24日午前3時ごろ、博多区の男性(51)方に侵入し、包丁で男性の頭や首を刺し、現金などを奪おうとした疑いがある。男性は目つぶしで抵抗し、原田容疑者がひるんだ隙に近くの交番に駆け込み助けを求めたという。男性は約1カ月のけがを負った。2人に面識はないという。

 調べに対し原田容疑者は、過去に無施錠の男性方に何度も盗みに入り、その際に盗んだ家のかぎを使って玄関から侵入したと供述しているという。ただ「かぎは捨てた」と話しており、署が詳しい状況を調べている。