聖火リレー関係者、2例目の感染確認 愛媛の警備員

新型コロナウイルス

[PR]

 東京五輪の大会組織委員会などは24日、愛媛県内で聖火リレーの警備にあたっていた警備員が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。リレーに関わった人の感染は香川県の警察官に続き、2例目。

 愛媛県では21、22日に聖火リレーが行われた。組織委によると、県が業務委託した警備員で、両日とも従事していた。沿道の一般観覧客との接触は確認されていないという。

 同居する家族の感染がわかり、濃厚接触者として検査した結果、23日に陽性が確認されたという。

 本人や県の意向により、年代や性別は明らかにされていない。組織委は「感染対策を徹底して安心安全なリレーを実施したい」としている。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]