星出さんISSに到着 2人目の日本人船長、半年指揮へ

合田禄=ワシントン、小川詩織
[PR]

 星出彰彦飛行士(52)らを乗せた米スペースX社の新型民間宇宙船クルードラゴンが24日、上空約400キロの軌道を回る国際宇宙ステーション(ISS)に到着した。星出さんはISSに半年ほど滞在し、船長として乗組員の安全や任務の達成に向けて指揮をとる。日本人が船長を務めるのは、2014年の若田光一飛行士(57)以来2人目。

 ISSでは、昨年11月から滞在していた野口聡一飛行士(56)が出迎え、星出さんと抱き合って到着を喜んだ。日本人が宇宙に2人滞在するのは2度目。10年に米スペースシャトルで山崎直子飛行士(50)がISSに到着した時も、出迎えたのは野口さんだった。

 星出さんは船長のほか、尿やエアコンの水を再利用するシステムの実証や、細胞が重さを感じるメカニズムを調べる実験、小型人工衛星の放出などをこなす。(合田禄=ワシントン、小川詩織