全国知事会が緊急提言「旅行キャンセル料、国が負担を」

有料会員記事新型コロナウイルス

阿久沢悦子
[PR]

 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が4都府県に出されるのを前に、全国知事会は24日にオンライン会議を開き、国への緊急提言をまとめた。政府に対し、宣言の期間や目標を明確にした上で、期間中の都道府県境をまたぐ移動抑制の呼びかけや、旅行のキャンセル料を国が全額負担することなど、実効性のある強い措置を求めた。

 会議には40道府県の知事が参加した。提言は「大型連休を控え、格段にレベルアップした強力な対策を打たなければならない」と指摘。爆発的に広まり重症化しやすい変異株の特徴を踏まえ、「国民に危機感を伝え、行動変容を促す強いメッセージを発出する」よう求めた。また、緊急事態やまん延防止等重点措置で、知事の要請から政府の発出まで時間を要するとの指摘を受け、「知事の要請により迅速かつ柔軟に発動」できる措置を要請した。

 3回目となる緊急事態宣言に対し、知事たちからは「『宣言慣れ』を危惧している」(広島県湯崎英彦知事)などの懸念が相次いだ。長崎県中村法道知事は「対策の効果が薄れてきている。変異株の蓄積されたデータを分析し、国としてエビデンス(証拠)に基づく効果的な対策を」と求めた。長野県の阿部守一知事は「解除や延長の基準をあらかじめ確認することが、国民の気持ちを一つにするために必要」と述べた。

 佐賀県の山口祥義知事は「感…

この記事は有料会員記事です。残り304文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]