名手・清正の熊本城 地震5年で見えた石垣崩壊の実相は

有料会員記事

今井邦彦
[PR]

 2016年4月の熊本地震では、国の特別史跡熊本城熊本市)も大きな被害を受けた。20年にも及ぶ計画で始まった復旧事業は順調に進み、元の姿を取り戻した天守閣が26日から一般公開される。この間の工事で、熊本城の被害の実相が見えてきている。

 2度の震度7に見舞われた熊本地震で、城の石垣は全体の約3分の1で被害が出た。熊本城調査研究センターは復旧工事にともなって石垣の破損部分を調べた。その結果、地震で崩落や膨らみが起きた石垣の多くは、それ以前の地震や台風、経年変化などで破損し、積み直された部分に被害が集中していたことが分かった。

「当たり前のこと」が判明

 「奇跡の一本石垣」で注目さ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。