ユニクロも無印も…新疆綿で板挟み「何言っても批判が」

有料会員記事

福田直之、田幸香純
[PR]

経済安保 米中のはざまで

 中国・新疆ウイグル自治区は、世界でも良質な「新疆綿」の産地として知られる。世界のアパレル企業が供給網として依存する一方、中国によるウイグル族などの強制労働があるとして欧米が問題視。「人権」をめぐる米中対立の先鋭化に、日本企業も揺さぶられている。

 8日、衣料品チェーン大手「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの記者会見。柳井正会長兼社長は「出店のペースを上げ、アジアで圧倒的ナンバーワンになる」と力強く宣言した。

拡大する写真・図版記者会見で説明するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長=2021年4月8日、東京都千代田区、田幸香純撮影

 中国に展開するユニクロの店舗数は2月末時点で800店で、日本国内の807店を近く抜く見通しだ。コロナ禍からいち早く抜けた中国は21年1~3月期、前年同期比で18・3%の経済成長を遂げた。同社にとって中国は衣類の主要な生産拠点であり、最重点市場でもある。

 だが、海外メディアを含む3人の記者が立て続けにウイグルに関する強制労働と綿花使用の質問をすると、表情を曇らせてこう語った。

 「政治的な質問にはノーコメント」「人権問題というより政治的問題だ」「我々は政治的に中立だ」

 豪シンクタンク「豪戦略政策…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載経済安保 米中のはざまで

この連載の一覧を見る