中国外相、民主巡り米国批判「同じ味のコーラではない」

有料会員記事

北京=西村大輔
[PR]

 中国の王毅(ワンイー)国務委員兼外相は23日夜、米国のシンクタンク「外交問題評議会」とのオンライン会合に出席した。バイデン米大統領が米中関係について「民主主義国家と専制主義国家の有用性をめぐる闘い」と主張していることに対し、王氏は「民主の形式が米国と異なるだけで、中国に『権威主義』『専制主義』のレッテルを貼るのは民主的な態度ではない」と批判した。中国外務省が公表した。

 同省によると、王氏は会合で、中国は国情に沿った社会主義的な民主政治を実行していると強調した上で、「民主とは、米国で原液を生産し、全世界で同じ味がするコカ・コーラではない」と述べ、「いかなる勢力も他国が選んだ道を否定する資格はない」と反発した。

 米国が関係を深める台湾問題

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。